上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
yjimageCADUC7FB.jpg
今年、売り上げが低迷した家庭用ゲーム機。だが、9月にニンテンドー3DS用ゲームソフト「モンスターハンター4」発売後は、盛り返しもみせている。「モンハン4」は発売から約2カ月半で国内出荷400万本突破という記録を達成。シリーズの累計販売は2800万本という超人気シリーズだ。

 シリーズ初となる高低差を活かした立体的なアクションや、インターネット通信によるマルチプレイにも対応した「モンハン4」。メーカーの高い技術力が発揮されたハイレベルなソフトで、幅広いユーザーから支持を集める結果につながった。

 一方、スマホゲームはゲーム機用に比べて開発コストが安いため“乱立”も続いており、ヒットが出づらい環境となっていることも否めない。粗製乱造も目立つため、「内容の濃いゲーム機に戻ってきているのでは」との観測もあるほどだ。

 また、人気のスマホゲーム「パズル&ドラゴンズ」は今月12日、ニンテンドー3DS向けに、ストーリーやゲーム性を高めた形で「パズドラZ」のタイトルで発売。こうした「逆輸入」も、家庭用ゲーム機には追い風となっているという。

4人目の仲間は、絶対零度の貴公子「シレン」 ─ 『ガイストクラッシャー』新たな舞台アイスガルドも公開
インサイド 10月12日(土)20時0分配信



4人目のガイストクラッシャー、公開
カプコンは、ニンテンドー3DSソフト 『ガイストクラッシャー』の最新情報を公開しました。

【関連画像】

これまで、ガイストの姿に変身する「エクストリームフォーム」やギア獲得に欠かせない「クラッシュチャンス」など、様々な情報が公開された『ガイストクラッシャー』。もちろん、主人公である白銀レッカを始め、戦友や基地の面々などのキャラクター情報も判明していますが、このたび新たな舞台の発表が行われました。

レッカが暮らす鉄鋼町から遠く離れた、雪と氷の国「アイスガルド」。ここは、次なる物語の舞台となる場所で、新たなルインの情報を得たレッカをはじめとするガイストクラッシャーやGCGのメンバーは、この雪と氷の国で新たな任務に立ち向かいます。

■アイスガルド
鉄鋼町からはるか彼方の異国「アイスガルド」はその名の通り、大地は一面の雪に覆われている雪と氷の国だ。国内にはアイスガルドの民が暮らす村々や、長い歴史を感じさせる遺跡などが点在している。レッカたちは、平和なこの地に眠るルインを目覚める前に見つけ、アイスガルドの平和を守るべく危険な任務に挑むこととなる。

ガオストだけでなく、その環境までもが牙を向く極寒の地。この容赦ない世界に相対するのは、よほどの覚悟が必要となることでしょう。しかし、心強い味方の存在もまた明らかとなっています。

■シレン・クォーツハート(CV:古川 慎さん)
「アイスガルド」でレッカたちの前に現れた、4人目のガイストクラッシャーとなる「シレン・クォーツハート」。彼もGCGの一員ではあるが、一人単独行動を取っているようで、その一切は謎に包まれている…

■シレンのガイストギア
シレンが身につけているガイストギアは、極寒の一角獣「ブリザード・ユニコーン」だ。氷属性のガイストで雅な姿と鋭く大型の一本角が特徴。走り去ったあとに吹雪が巻き起こり、周りの空気も凍りつかせる。

冷静沈着で感情を表に出すことのない、一匹狼のガイストクラッシャー。素性や過去に謎の多い彼ですが、物語の中でそれが明らかとなるのかもしれません。死線をくぐる戦友の一人が、『ガイストクラッシャー』でどのような活躍を見せてくれるのか、期待が募ります。

頼もしい味方の登場に、しかし安心ばかりもしていられません。新たな大地に相応しい、新型ガイストの情報も寄せられています。今回判明したのは、氷点下の霜男「ヘイル・フロスト」。アイスガルドに登場する、雪だるまの形をしたガイストです。

■ヘイル・フロスト
アイスガルドに現れる巨人型ガイスト。その体に付いた雪から冷気を自在に操る。左肩についているマンモス状の頭部はフロストの一部であり、個別に意志を持っている。

ヘイル・フロストは、雪の結晶を吐き出したり、強烈なパンチや遠距離からのキック攻撃を行ってきます。巨体から繰り出されるこれらの一撃は危険極まりないものですが、炎属性のガイストギアを装備して戦いを有利に展開しましょう。

ここまで数多くの情報が判明しましたが、明かされたのはそれだけではありません。本作の爆アツプレイが収められたプレイ動画も公開されており、巨大ガイストとの手に汗握る戦いを、どうぞ直接お確かめください。


You
4人目のガイストクラッシャー公開と同時に明かされた、新たな戦いの舞台。アイスガルドでは更なる死闘の予感を覚えますが、頼もしい仲間たちと共に、極寒の地をも溶かすほどの激アツバトルを繰り広げましょう。

『ガイストクラッシャー』は、2013年12月5日発売予定。価格は、通常版が4,990円(税込)、「爆アツ!ガイフォンセット」が5,990円(税込)です。


北米版『ポケットモンスター X・Y』発売前日、ニューヨークでは早くも長蛇の列ができていました。

【関連画像】

10月12日に世界同時発売の3DSソフト『ポケットモンスターX・Y』、北米では時差の関係で日本より13時間送れてのロンチを迎えます。

米国任天堂オフィシャルストアNintendo World Storeでは、熱心なファンが2週間前から並んでいることが話題になっていましたが、発売前日にはもっとすごいことになっていました。
前日の夕方には店の入り口から始まっている列が、すでに1ブロック以上も伸びており、並んでいる人の多くがニンテンドー3DSを手にお気に入りのゲームやすれちがい通信を楽しんでいました。

Nintendo World Storeのある一角は観光客も多く訪れるロックフェラー・センター。
思わぬ長蛇の列に不思議に思った通行人が、ちょうど列整理を行っていたスタッフに「何の行列?」と聞く一幕も。質問されたスタッフが、「ポケモンのロンチよ!」と嬉しそうに答えていたのが印象的でした。

ニューヨークではこの週末NYコミコンが開催されており、全米からオタクやゲームファンたちが多数訪れています。
夕方にはそんなコミコン会場から帰ってきたと思われる人々もぞくぞくと集まってきており、列はさらに伸び続けていました。

なお、店内では同じく12日に発売されるニンテンドー2DSがプレイできるテーブルが用意されており、『ポケットモンスターX・Y』の試遊がそこで楽しめるようになっています。
前日ということもあり、店内はまだまだ静かなものでしたが、当日は『ポケットモンスター X・Y』を求める人でごった返す様子が見られるかもしれません。

Nintendo World Storeでは、現地時間の20時から翌1時までロンチイベントを開催。また、ファンのために店を12日の21時までオープンしたままにすると発表しています。

スポンサードリンク
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
45050位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
任天堂(Nintendo Wii, DS)
3302位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター
アクセスカウンター
コーヒーメーカー通販ホームベーカリー通販カラコン着物買取
最新記事
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。