上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
●何度も通いたくなる! 盛りだくさんすぎるコラボイベント!
 『モンスターハンター』とユニバーサル・スタジオ・ジャパンのコラボイベント“モンスターハンター・ザ・リアル 2014”が、2014年2月1日より開催される。その“10の見どころ”を紹介しよう。

【モンスターハンター・ザ・リアル 2014】
◆実施期間:2014年2月1日(土)~5月11日(日)
◆場所:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン


----------


【1】ついに登場! 等身大ティガレックス!
 “高級耳栓”でも防げないほどの大咆哮を放つ、大迫力の等身大ティガレックスが遂に登場!! パークに大咆哮が炸裂!


----------


【2】シリーズ10周年記念! 等身大リオレウス&リオレイア!


----------


【3】パーク限定 ミニ・ババコンガが自由に大暴れ!
 パーク限定のミニ・ババコンガも今回初登場! ゲストに大接近し、動き回る! 運がよければ、あの“オナラ”も見られるかも!?


----------


【4】リアルサイズ・アイルーがお出迎え♪
 会場では、コラボレーションオトモ装備の“スターネコシリーズ”に身を包んだリアルサイズのアイルーが登場! いっしょに写真を撮って、イベントの思い出にしよう!


小田原のオルタナティブスペース「旧三福」(小田原市栄町)で12月30日、テレビゲーム「モンスターハンター4」を参加者で楽しむイベントを開催する。(小田原箱根経済新聞)

 当日は、会場を「NINTENDO DS モンスターハンター4」に登場する「バルバレ」の町にある集会所風に施してゲームを楽しむ。ゲームは上位ランカーが難易度の高い設定に挑戦するデスクと、上位ランカーに応援してもらいながらゲームを楽しんだり、複数で効率よくゲームを楽しめるデスク、のんびりゲームに参加したい人やちょっと休憩するデスクの3種類を用意する。

 会場にあるドリンク類のショーケースは、「バルバレの町の集会場」にあるショップの設定にして利用できるようにする。当日の参加者には「名札」が渡され、ゲームの中の名前を書いて利用する趣向。

 開催時間は10時~20時。参加費は500円(ワンドリンク付き)。
monster-150x99.jpg
最近のカラオケ店では、様々な趣向を凝らした部屋が用意されていることも少なくない。そうした中で注目したいのが、「パセラ秋葉 昭和通り館」(東京都・千代田区)だ。

 シリーズ総販売数量2700万本という、国民的ゲーム『モンスターハンター』。中でも、様々な場面でプレーヤーを助けてくれる「アイルー」は、女の子に「かわいい!」と大人気のキャラ。

「アイルーキッチン」をリアルに再現したこの部屋は、ファンならずとも驚くほどリアル。幹事のあなたは、女性からの株が上がるかも?
07b08403e-s.jpg
789:枯れた名無しの水平思考:2013/12/12(木) 00:55:01.57 ID:4Cf1m9E20
属性別で使える操虫棍

  無:渾
  火:然
  水:一
  雷:体
  氷:の
  龍:薙
  毒:刀
麻痺:エアリアルグレイブ
睡眠:マ
爆破:タ
yjimage.jpg
日本ゲームユーザー協会が運営している「おもしろゲーム情報サイト ゲームくん」は、「『モンハン』シリーズプレイ時間ランキング」アンケートの結果を発表しました。

これまでに、「『ファイナルファンタジー』の略し方」「『ドラクエ』の好きな作戦」など、ゲームファンなら誰もが気になるさまざまなアンケートとその調査報告を発表してきた「おもしろゲーム情報サイト ゲームくん」が、新たなアンケートを実施し、その調査報告が公表されました。テーマはずばり「『モンハン』シリーズプレイ時間ランキング」です。

2004年3月11日、PS2で発売された初代『モンスターハンター』の発売から間もなく10年が経とうとしています。携帯ゲーム機を片手に街中で『モンハン』がプレイされているような光景が「モンハン現象」と呼ばれる社会現象にもなり、近年最大のブームを迎えている共闘ゲームの先駆けとして、現在の不動の地位を築き上げてきました。シリーズが発売されたハードも、据置きゲーム機、携帯ゲーム機、PCやスマートフォンと多岐に渡り、ゲームファンにとって触れる機会が多いタイトルでもあります。

『モンハン』といえば、決まって話題に上がるのがその「プレイ時間」。近年の作品こそ、ストーリー性も強く打ち出されていますが、ストーリー以上に協力プレイや自身のキャラクターのカスタマイズ性に重きを置いていた初代から続く源流があるため、数々の「クエスト」こなし、ハンターとして成長し、お気に入りの装備を整え、プレイヤー自身のプレイスキルを上達させていくには、それなりにやり込む時間が必要となるタイトルでもあります。どれだけ「ハンター」としての腕前を持っているか、指標のひとつとなるのが「プレイ時間」となるわけです。

そんな気になる「プレイ時間」に関するアンケートの調査結果は以下のようになりました。

■歴代モンハン 総プレイ時間
1位 100時間未満  41.0%
2位 200~499時間  21.3%
3位 100~199時間  18.1%
4位 500~999時間  11.2%
5位 1000時間以上  8.5%

調査方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査会社:ゲイン
調査対象:10代~50代男女のゲームユーザー
回答者数:188名

この結果を「意外」と考えるか、「妥当」と考えるかは人それぞれです。100時間未満の人が41%いる一方、100時間以上プレイしている人が59%を占めています。近年の『モンハン』でも、100時間あれば主要な「ストーリー」部分がクリアできることを考えると、『モンハン』というタイトルそのものが肌に合うかによって、早めに見切りをつけるか、ハマってとことんトコトンやり込むか、と二分している傾向も見えてきます。

次に、もうひとつ気になるアンケート。シリーズの中で最も長くプレイしたタイトルについてのアンケートの調査結果は以下のようになりました。


■一番長くプレイしたモンハン
1位 モンスターハンターポータブル3rd
2位 モンスターハンターポータブル2ndG
3位 モンスターハンター
4位 モンスターハンター3G
5位 モンスターハンターポータブル2nd

調査方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査会社:ゲイン
調査対象:10代~50代男女のゲームユーザー
回答者数:188名

PSP強し。やはり『モンスターハンター』シリーズの共闘感を決定付けたのはPSPの『モンスターハンターポータブル』シリーズという印象も強く、むしろ『モンスターハンターポータブル』シリーズがPSP本体の売上を牽引したと言っても過言ではないでしょう。周りの友人と一緒に『モンハン』をプレイするためにPSP本体を購入した方も多いのではないでしょうか。

持ち寄って顔を見合わせながら、声を掛け合いながらプレイできる携帯ゲーム機と『モンハン』の相性は非常に良く、携帯ゲーム機のタイトルが上位の多くを占める結果となりました。しかし、その中に燦然と輝くPS2の初代『モンスターハンター』に、黎明期のファン(黎明期から今も現役のファン)の真の「ハンター」ぶりがうかがえます。初代『モンハン』は、オンラインでのみマルチプレイが楽しめましたが、残念なことに2011年にオンラインサービスを終了しています。

先日、3DS『モンスターハンター4』の国内出荷400万本突破、シリーズ累計出荷2,800万本突破を発表し、まだまだ勢いの衰えどころか加速し続けている『モンハン』シリーズ。長らくPCで展開してきた『モンスターハンター フロンティアG』もさまざまなハードで発売されました。「ハンター」たちは、これからもプレイ時間を伸ばし続けていくことでしょう。

ちなみに、今回アンケートを実施した「ゲームくん」の当該ページには、各作品に寄せられたコメントも紹介されています。興味がある方は、ぜひそちらもあわせてご覧ください。

スポンサードリンク
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
45050位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
任天堂(Nintendo Wii, DS)
3302位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター
アクセスカウンター
コーヒーメーカー通販ホームベーカリー通販カラコン着物買取
最新記事
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。